kiss of life Photo

kiss of life

気ままに徒然と。 写真と旅行、雑記のブログ。 不定期更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Microsoft Photo Story 3 for Windows

クリックすると再生。再生できない方は、一度保存してからRealPlayerでご覧ください。


マイクロソフトからWINDOWS XPユーザー向けにフリーで提供されている Microsoft Photo Story 3 for Windows を使ってトルコ旅行のフォトストーリーを作ってみました。

僕の見たトルコ 約6分30秒 8.67MB

Windows Media Player 10RealPlayer
メディアプレイヤーのバージョンによっては見られない可能性もあります。ごめんなさい。
RealPlayerの最新版では見ることができましたので、Windows Media Player 10をお持ちでない方はRealPlayerでご覧ください。

残念ながら、XPユーザーしか使えないところがネックです。
似たようなオーサリングソフトは、いろいろなところから出ているので、XPユーザーじゃなくても似たものは作れると思います。
使ってみるととても簡単に見栄えのするフォトストーリーが作れます。

blog上での限定された写真の見せ方に、もう少し何とかできればなぁ・・・、と思っていたところに試してみたのですが、いいです。これ。
写真にBGMをつければ、より自分が旅先で感じた雰囲気や空気感を相手に伝えることができると思います。
ダウンロードすればすぐに使えるので、是非是非おためしください。
問題は、以前のバージョンのメディアプレイヤーでは再生できない可能性がある点でしょうか。

BGMのコーランは コーランコンプレックス で公開されている音源をダウンロードさせていただきました。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/21(木) 10:50:39|
  2. Photo|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:8

適性露出



セコニックスタジオデラックスで露出計測後、D70でマニュアル撮影。iso400 f5.6 1/200

_DSC4467.jpg

D70で露出優先AEで撮影。マルチパターン測光。iso400 f5.6 1/50

単体の入射式露出計と、D70に組み込まれている反射式露出計の露出傾向の違いをテストしてみました。


[適性露出]の続きを読む
  1. 2005/07/21(木) 05:16:12|
  2. Photo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

セコニック スタジオデラックス





セコニックのスタジオデラックスL-28を手に入れました。
アナログで、さらに型遅れの中古の品なのですが、未だに写真学生には定番の露出計らしいので自分には十分です。
いろいろな場所で手当たり次第にはかってみるとなかなかおもしろくて、ついつい遊んでしまいます。

で、試しに何枚かこれで撮った写真のデータとD70の1005分割RGB測光を比べてみました。
スタデラ(スタジオデラックスのこと)はさすが入射光式露出計です。
白い壁でも黄色い花でも被写体の明度に影響されない測光値を出してくれます。

どれだけ違いが出るかな?と思って、我が家の反射式露出計の代表、D70の1005分割RGB測光でも同じ被写体をはかってみました。
ニコンのRGB測光というのは被写体の色や明度まで露出の計算に織り込んで、自動で露出補正してくれるスグレものです。

結論として、D70の1005分割RGB測光はメインで測光したい被写体を大きく画面に入れれば、単体露出計いらないかも?というぐらい、白い壁だろうが、明度の高い黄色い花だろうが、ばっちりアンダーになりすぎない露出を出してくれます。
経験則での判断ですが、ほとんどのケースで画面の半分以上入れれば破綻のない明るさで撮ってくれます。
1/4ぐらいだと、全体とのバランスを優先するのか、どっちつかずな露出にしてしまう傾向があるようです。

引いて撮ると画面全体のバランスを取ろうとするので、暗い背景の中に明度の高い花をちょこっとだけ入れて花を浮き立たせたい、という場合は間違える可能性があります。
その逆も同じで、逆光の時にも画面の面積の広い方に露出が引っ張られる傾向が強いようです。
いずれの場合にしても白飛びさせないことを優先しているようなので、後補正が前提ならオートで撮っちゃっても全然問題ありません。

露出コントロールのことを考えないで、破綻しない絵を撮るだけならD70内蔵の露出計で十分ですね。
ハイテクカメラがいかに優秀か、よく分かりました。
意図した露出で撮りたいときは、いくらすごい内蔵露出計でも自分で補正しないといけません。
カメラは写真を撮ってはくれない事が分かりました。
当たり前ですね。

でも、やっぱりスゲー。
  1. 2005/07/16(土) 22:41:54|
  2. Photo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

目指せ!コダックブルー

kodack_retouchDSC_9231.jpg


NIKON D70 + TAMRON AF ASPHERICAL XR DiⅡ 18-200mm 1:3.5-6.3 MACRO + C-PLフィルター
PhotoShop 6.0 で補正しまくり

以前に掲載したことのある写真で申し訳ないのですが。
タイトルの通り、「目指せ!コダックブルー!」を合い言葉にフォトショップで補正してみました。
トラックのエンブレムあたりがわざとらしいですか。
かなり合成っぽいかも?ですね。

ちなみにピクチャープロジェクトで自動補正しただけのオリジナルに一番近い画像
はこちら。↓

D70トラックバックピープル
[目指せ!コダックブルー]の続きを読む
  1. 2005/07/06(水) 21:07:20|
  2. Photo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

くるくるくる

DSC_3822.jpg
NIKON D70 + AF-S NIKKOR 18-70mm F3.5-4.5G ED

表現意図もなにもないですが。^^;
まわしてみました。
くるくるくる~!
  1. 2005/07/02(土) 21:46:48|
  2. Photo|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
次のページ

walkabout

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Flickr

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。