kiss of life ナチュラモニターレポート ~その6 ナチュラさんとX線~
FC2ブログ

kiss of life

気ままに徒然と。 写真と旅行、雑記のブログ。 不定期更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ナチュラモニターレポート ~その6 ナチュラさんとX線~

t1002.jpg
撮影地 ドバイ空港 ドバイ

飛行機に乗ろうと思うと空港でX線検査を受けなければなりません。
現在ではほとんどの空港で”FILM OK”とか”FILM ACCEPTABLE”と書かれたX線検査装置が置かれています。
今までの旅ではiso800まではノートラブルでほとんどの空港を通過できていましたが、ナチュラさんはiso1600の高感度フイルム。

ちょっと心配でした。


index_hikaku_seihin.jpg



NATURA トラックバックピープル







FUJIフイルムさんでは空港を通過する際には手でフイルムを検査してもらうことを推奨しています。
iso1600の高感度フイルムにもなると、いくら「X線 SAFE!」なんてかかれていても心配です。
なので、空港に行くたびにアドバイスに従って「手で検査してください。」とお願いしていました。

ほとんどの空港で手で検査してもらえるのですが、中には(そのときの担当者によっても違います)X線の機械を通さないと、絶対にここから先へは行かせない!と手で検査してもらえない場所もあります。

TOPの写真はドバイ空港でトランジット時にnachura1600とフイルム入りナチュラさんを手で検査してもらった際、検査員に撮ってみろ、といわれて撮った写真。
「これも記念。」と思い、カメラを検査員に向けて撮ろうとしたら、検査員が床を指さします。
弾でも出ると思われたのでしょうか? ある意味かっこいいですけど。(笑)

ドバイは「行き」は検査員が手で検査してくれたのですが、「帰り」はX線に通さないと絶対にダメ~!といわれてやむなくナチュラさんフイルムを通しました。
イスラム圏なんかは最近物騒なので、X線の出力上げてあるんじゃない?と心配でしたが結果的には全て大丈夫でした。

やはりできるところでは手で検査してもらった方がいいのですが、中にはやってくれない空港(というか係官)もいるので、そんなときは高感度フイルムであることをアピールして、係員から機器の説明をきちんと受けてから通すといいと思います。



~ナチュラ よくある質問 から抜粋~

 Q.空港などでのX線による手荷物検査でフィルムは大丈夫?

 A. 飛行機をご利用の際は、撮影前・撮影済にかかわらず、未現像のフィルムは、搭乗手続き時に、預け入れ荷物として航空会社に預けず、必ず「手荷物」として機内に持ち込んでください。X線検査を何度も受けることが予想される時や、超高感度フィルム等で影響が懸念される時は、機内持込み荷物から取り出して、X線を当てない目視(手)検査を受けるようにしてください。

<海外の空港で手荷物検査をお願いする場合は>
"This is High Speed Film. Hand inspection, please.” とお伝えください。

※詳しくは各空港でご確認ください。

スポンサーサイト
  1. 2005/06/21(火) 21:24:51|
  2. NATURA|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ナチュラモニターレポート ~その7 最終回~ | ホーム | ナチュラモニターレポート ~その5 灼熱の太陽編 PartⅡ~>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kissoflife.blog2.fc2.com/tb.php/146-d4c3170a

walkabout

09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Flickr

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。